ストレスと肩こりの関係性や原因

ストレスと肩こりの関係性や原因

パソコンを使うことで肩にかかる負担

つらい肩こりや首こりに悩まされ、こりがひどくなると頭痛がして辛いという方は多く、中には、気持ちが悪くなったり、全身がだるくなってしまう症状の重い人もいます。

 

肩こりの原因は、血行の悪さで、血液の流れが滞ってしまうことにより、脳の血流も悪くなってしまい、老廃物も流れにくくなってさらに頭痛とこりがひどくなるという悪循環に陥ることもあります。

 

特に肩や首の筋肉に負担がかかって、硬くなってしまうと、血管の動きが悪くなったり、圧迫されたりして血液の流れが悪くなるので、首まわりの血液の流れを良くすることがポイントです。
パソコンを夢中になってしている時に、猫背になってあごが前に出ていることがありますが、この姿勢は、肩や首の筋肉に負担をかけてしまい、硬くなって血流を悪くしてしまいます。

 

パソコンは夢中になると、ついつい長時間見てしまうので、血流が悪くなる姿勢も長時間続けることになり、筋肉に大きな負担をかけて硬くなってしまうのです。

 

こりを改善するためには、姿勢を良くして、背骨に頭がまっすぐに乗るようなイメージを持って、時々肩や首を回して、筋肉をゆるめながら血液を流れやすくするように意識することがポイントです。

 

疲労回復サプリ

 

 

肩がこる原因の一つに、ストレスがあります。
人はストレスを感じると、自律神経に乱れを生じさせます。
自律神経とは、循環器や呼吸器、消化器などの活動を調整する働きをする神経で、昼間の活発な活動を助ける交感神経と、夜や安静時に体をリラックスさせ、体の機能の回復等を助ける副交感神経を切り替える働きを行っています。
自律神経と副交感神経が上手く切り替える事が出来ている状態であれば、体は健康で元気な状態を維持しやすくなります。
ストレスを感じる事が多くなると、交感神経が活発になる事で、自律神経の乱れを起こしやすくなります。
交感神経は、血管を萎縮させやすく、それにより、血行不良を起こしやすい状態を生み出す事になります。
そして、血行不良の状態が続くと、それだけ肩こり等が起きやすい状態となります。
ですから、ストレスと肩こりというのは、切っても切れない関係性となっています。
その為、肩がこっていると感じたら、日常の生活を見直してみる事が大切です。
ストレスを感じる事が多い生活が続いていると感じたら、まずは、しっかりと解消させる方法を考える事がお勧めです。
それにより、肩のこりの対策と、予防に繋がっていく事になります。

 

疲れ サプリ

 

続きを読む≫ 2015/03/09 18:16:09

ホーム RSS購読 サイトマップ